工芸品買取 三輪休和

三輪休和 第十代三輪休雪でもあり、人間国宝でもある大人物が三輪休和です。その伝統的でありながらも、新たな基本を生み出すことで、全く新しい萩焼の境地を生み出した天才と言われている人物となっています。 さて、そんな三輪休和なのですが、生家が江戸時代初期から萩藩の御用窯となり、さらには代々萩焼を継承する三輪窯でした。次男として生まれながらも、祖父である雪山に師事をします。そういった経緯を経ており、結果的に作陶への道を極めていくこととなっていきます。さらに、雪堂が隠居をする事を決めてからは、10代目の休雪を襲名する事となりました。 そして、その活動の中でより萩焼を極めるという選択肢を選び、結果的に川喜田半泥子、金重陶陽や荒川豊蔵らと「からひね会」を結成syるに至ります。この結成のコンセプトには、の桃山茶陶に固執するのではなく、時代に心を通わせた作陶という思いがあり、伝統的な部分は守りながらも新たなアプローチをしていく、自由な発想の作陶でした。 結果的に、こういった作陶か活動が萩焼の新たな未来を生み出す事となり、山口県指定無形文化財保持者となるのです。さらには、その貢献度の高さからも、萩焼陶芸会会長に就任する事となり、よりその実力を伸ばして行く事となったのです。 さて、そんな三輪休和なのですが、萩焼きの原型とも言われています。高麗茶碗を和風のテイストで仕上げるという、今までに無い全く新たな作品を生み出す事に成功します。萩焼の白釉を全く独特といって良いテクニックを使用し、休雪白などと呼ばれる独自の白を編み出します。 さてその後は弟が11代を襲名した事で、自らは休和と名乗り活動を続けて行きます。そして、1967年には紫綬褒章受章、重要無形文化財「萩焼」保持者に認定されていきます。歴史の浅い萩焼を、伝統的な焼物ブランドへと仕立て上げた立役者、三輪休和。彼の行動全てが奇跡でもあり、そして魅力に溢れたものだったに違いないのです。 三輪休和の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ