【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 中里無庵
中里無庵 唐津焼の重要無形文化財保持者、つまり人間国宝として活躍をし続けた人物が中里無庵です。その美しくも伝統を守り革新を貫き続けた制作人生は、多くの人々の心に刻み付けられています。さて、そんな中里無庵なのですが、1895年に11代中里太郎右衛門の元の次男としてこの世に生まれています。 そして、小さい頃よりその家庭環境の関係したのが、自然と陶芸の道へと進む事を決意していきます。そして、1914年には佐賀県立有田工業高校別科製陶科を卒業し、陶芸界に入って行く事になっていくのです。さて、そういった状況で唐津焼の窯業に携わり数々の偉業を成し遂げて行く訳ですが、1927年には父の後を継ぐ事となり、12代中里太郎右衛門として活躍をする事となります。 そして、古窯址や陶片資料の研究などに熱心になり、伝統を重んじている唐津の古唐津の研究を続けて行く事となるのです。さらに、その古い伝統的な唐津焼を研究する事により、自らの芸術の領域を幅広く広げて行きます。当時は、伝統技法を現代茶陶などの叩きの技法などを用いた、芸術的な作品を数多く生み出した事でも知られています。 さて、そういった他に無い芸術的な手法だけでなく、常に伝統を重んじる唐津の精神が認められて、ついに1966年には紫綬褒章受章という快挙を成し遂げることとなります。さらに、そういった名誉を手に入れて、知名度がさらに上がっていった事で、京都大徳寺にて得度、号の無庵を受ける事となります。 さらに、この頃より自らのための芸術品を制作するために、13代中里太郎衛門に家督を譲っております。それが、1969年の頃でした。そして、自らの芸術をより追求する事に手を休める事も無く制作に没頭をしてきます。そうした、精神性の高い制作を続けた事により、1976年に重要無形文化財「唐津焼」保持者として認定される事となったのです。数々の唐津焼の可能性を追求した芸術作品は、現在でも非常に注目されています。工芸品買取でも常に需要があるので、注目し続けましょう。 中里無庵の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談