【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 井上良斎

井上良斎

 井上良斎は、愛知県出身の有名な陶工です。陶芸界を背負って生活し、数々の名作だけでなく国内における陶芸文化の発展に尽力を尽くした人物であることでも知られています。1828年に生まれた井上良斎は、幼い頃より陶芸に興味を持ち、多くの作品の研究を続けていました。そして、その中でも始めに心が惹かれたものが犬山焼だったと言います。独特な色合いを生み出すこの犬山焼は、彼の目にコレと待たない輝きを放つものでした。この犬山焼に従業していたのですが、高須藩松平摂津守江戸藩邸に入る事で変化が訪れることとなります。お抱えの陶工となった事により、楽焼なども制作することとなったのです。新しい境地の焼き物を作ることにより、より自分の可能性を感じ、そして広げて行く意思もこの時に養われたのではないでしょうか。さらに、この時にはあの竹本隼太に陶芸の基礎を教えていると言うエピソードも残っています。
 さて、こういった経験を活かすことでより活躍を目指した井上良斎は、1866年に独立をすることを決意します。浅草今戸にて開窯をすることになり、東玉園良斎と号して活躍を初めています。初期の頃は、様々な分野に手を広げており、輸出用の美術陶磁器の花器、大胆な釉薬掛けの人物造形など、墨田焼と呼ばれる制作を行い続け、そこで作品を売っています。後に、息子達が襲名をしていき、3代目となった時には、井土ヶ谷に「神奈川焼」を開窯しています。結果的に輸出用の作品を多く作ることにより、外貨獲得という国際的な経営方法を貫いていました。もちろん、国内での陶芸活動も盛んであり、帝展や文展、日展などで広く活躍をしています。非常に名誉ある賞、日本芸術院賞に勲三等瑞宝章などを獲得しており、名実共に最高の陶工として名を馳せることとなります。落ち着いた色調の大胆な作品は、現在でも国内外問わず非常に人気があります。是非、 井上良斎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談