工芸品買取 今井政之

工芸品買取 今井政之

今井政之

 日展重鎮作家として、現在でも多くの名作を残し、国内外問わず素晴らしい世界観を切り開く陶芸家と言えば、今井政之です。苔泥彩という新しい技法を生み出した事で、現代陶芸界に新しい風を流し込み、まさに唯一無二の作品作りを続けます。新しい解釈を備前に入れ込むことで、今までに無い斬新な作品が多く生み出されています。
 さて、この今井政之が海外でも人気なのですが、その理由に花であったり魚などのモチーフを象嵌する技術が評価されています。この技法の第一人者として数々の名作を送り出す事により、世界中の陶芸ファンの間でも伝説的な人物として注目さています。さて、そんな今井政之は、1943年より、郷里広島県賀茂郡竹原町に移り住んでいます。そこでは、広島県立竹原工業学校を卒業した後に、陶芸家への道を歩み始めることとなります。岡山県の備前に赴くことで、備前焼の研究を始めることとなります。徐々に実力を高めていった今井政之は、1952年に京都に移り住む事となります。そして、楠部彌弌に師事をし、より技術に研鑽を積む日々を送ることとなります。翌年には、青陶会創立のメンバーとなり、陶芸界へ広く貢献する日々を送ります。
 今井政之といえば、その異例の出世がよく話に出されています。1959年に新日展、そして、第6回の新日展などで特選、北斗賞などを受賞しています。そういった素晴らしい経歴と貢献度から、1965年に異例のスピードで日展審査員となったのです。日展では、1998年に理事に就任しており、日展作家としての素晴らしい地位を築き上げたといっても過言では無いでしょう。そして、自信の作品作りにも余念は無く、1993年には、京都府文化功労賞、紺綬褒章を受賞する事になり、「赫窯双蟹」を出品したことで、日本芸術院賞を受賞することとなるのです。文化功労者として、非常に高い評価を獲得している希代の芸術家、今井政之。これからも、注目し続けたい陶芸家のひとりです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ