工芸品買取 六角紫水

工芸品買取 六角紫水

六角紫水 六角紫水は、日本の漆工芸家です。漆工芸界の重鎮として、草分け的存在として広く知られています。数々の素晴らしい作品を生み出しながらも、漆工へのあくなき探求を続け、国内での発展に寄与してしきました。さて、そんな六角紫水なのですが、1883年に広島師範学校初等師範科を卒業しています。そして、同行を卒業した後には、母校の学校に小学校の教員を勤めて行くなど、勉学の励む生徒達に教鞭をふるいつづけました。 そして、その後には上京をしており、東京美術学校の一期生として漆工科に入学を果たす事となります。そこでは、漆工の基本から様々なものを学び取り、卒業と同時には同校漆芸科助教授就任ということで、ここでも教師として教鞭をふるいました。当時、同期でもあった岡倉天心と一緒に、古美術の研究に力を入れていたといいます。 そして、その後岡倉天心が卒業と同時に、日本美術院の創立に参加。その後には、横山大観などとも共に渡米を果たしており、ボストン美術館東洋部、メトロポリタン美術館に勤務しており、東洋美術品の整理に従事したと言われています。欧米における日本美術を視察した後に帰国を果たし、母校では後進の指導に当たっていたとの事です。正倉院宝物や楽浪漆器などの古美術の研究と、伝統を踏まえた新たな作品を多数発表しつづけます。 そして、その功績などが認められパリ万国博覧会受賞を受賞しています。さらに、1927年には、帝展に陶芸部が新設。それに伴い、審査員、無鑑査として作品を発表しました。漆工芸の明るい未来を信じてやまなかった事でも知られており、中尊寺金色堂や厳島神社社殿の修復、古社寺文化財の調査にはじまり、白漆の発明など、漆工芸の草分け的な存在としても非常に名声を上げているのです。 ちなみに、現在でも非常に有名なキリンビールのキリンのマークの図案ですが、六角紫水のデザインという事でも有名です。六角紫水の作品は、骨董買取において評価が高いです。是非、注目し続けるべきでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ