【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 加藤卓男
加藤卓男 加藤卓男は、代々続く伝統の深い陶芸作家です。その技法は多岐に渡っており、ラスター彩や青釉、奈良三彩など、様々なペルシア色絵を再現しており、芸術的な作風で一世を風靡していました。そんな加藤卓男ですが、5代目加藤幸兵衛を父に持つ伝統ある家に生まれます。岐阜県多治見市に1917年に生まれた後は、岐阜県多治見工業学校に入り卒業をしております。 そして、その卒業から10年後の事ですが広島県で徴兵された事により被爆をしてしまいます。そして、その被爆の後遺症などから白血病を発症してしまいます。そこから10年間は厳しく苦しい闘病生活が始って行くこととなります。しかし、生きる事をへの周年を決して諦めることがなかった加藤卓男は、1965年にはフィンランド工芸美術学校に、留学することを決意します。 その場所で、イランの窯などを尋ねてはペルシャ陶器の研究を始めることいなっていきます。そういった努力が結びつき、1988年には何と)紫綬褒章を受章するまでとなります。数々のテクニックと伝統ある作品を新しい解釈で取り繕って行く事により、徐々に世界的にも名を馳せて行くようになっていきます。 1995年には、ついに重要無形文化財「三彩」保持者として、なんと人間国宝への認定を果たすこととなったのです。87歳で人生に幕を閉じることとはなりましたが、故人tpして織部賞を獲得するなど、この世から去っても尚、その存在感を出すような素晴らしい人物であったということが分かるのです。さて、そんな加藤卓男なのですが、著書も多く、三彩の道であったり、やきもののシルクロードに砂漠が誘うなど、情緒を感じさせるような、そんな独特の世界観を打ち出しています。子は7代目加藤幸兵衛となり、現在でも素晴らしい活躍を名を背負いながらも続けています。これからの陶芸界や買取などににとっても、重要である加藤卓男という存在。是非、これからの発展にも期待していきたと思わせますね。 加藤卓男の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン