工芸品買取 加藤唐九郎

加藤唐九郎 加藤唐九郎と言えば、国内でも非常に有名な陶芸家のひとりです。永仁の壺事件という事件が有名となり、ねつ造の疑惑をかけられ無形文化財の資格を失っている事でも知られています。しかし、その後も作陶には集中して取組んでおり、非常に素晴らしい作品を世に残していた事には変わり有りません。 さて、そんな加藤唐九郎なのですが、安土桃山時代の陶芸の研究を特に熱心にすすめていた事で知られています。現代的な要素を加えながらも、伝統的な美意識はそのままに、美しい作品を数多く手掛けていた事で現在も多くのファンから愛されています。さて、加藤唐九郎は加納桑次郎・みと夫妻の長男として愛知県東春日井郡水野村に生まれています。 しかし、1908年には、父が自身の作品作りに専念するためか、瀬戸町乗越に引越をしています。父が窯業を営んでいた事も幸いしてか、自らも陶芸の世界に入る流れはごく自然な事でした。1911年には、 中根塾に入門していき、南画と漢籍などを学んで行きます。徐々に力を付けて行った加藤唐九郎は、1918年に結婚をし、その結婚を機に本格的に瀬戸系古窯に入っています。瀬戸古窯調査保存会が発足した時には常任理事となっており、瀬戸市祖母懐町に製作拠点が移っています。 しかし、常に真実を求めた結果、著書である「黄瀬戸」で瀬戸焼の祖とされてきた加藤四郎景正は、実際にはいなかったという論説を展開。過激な論説により、自宅が焼き討ちにあってしまうなど、悲惨な状況に追い込まれる事となります。しかし、 愛知県西加茂郡に築窯をして、作品作りを再会。 そして、後に無形文化財有資格者に選ばれるのですが、1960年の 永仁の壺事件により、この国の無形文化財の取り消しを余儀なくされてしまいます。しかし、その後も賢明に作品作りを続けており、1965年には毎日芸術大賞を受賞。数々の作品や著書を残しました。工芸品買取においても、その存在は大きく、現在でも人気が続いていく事でしょう。 加藤唐九郎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ