【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 加藤幸兵衛
加藤幸兵衛 加藤幸兵衛は、美濃焼の陶芸家。そして、現在は7代目となっており、由緒正しく美濃の伝統を受け継ぐ陶芸一家となります。伝統を重んじる作風でありながらも、見た事の無い斬新な作品を多く生み出す事で知られる加藤幸兵衛。芸術的な作品は、陶芸の域を声、西洋美術に通じるような独創的な雰囲気を持ち合わせます。 立体志向の作品の緑彩に関しては、まさにキュビズムのような立体的な絵画を思わせる独特なフォルム。さらに、ラスター彩大皿の「アンコール幻想」に関しては、絵画が描かれており、一瞬見ただけではとても美濃焼とは想像のつかない、美しく魅惑的な作品となっています。また、近年の作品としても正に独創的。褐釉方壷「ボヘミア光芒」は、とろけ出したような表面にそこにグラデーションを作る幻惑を感じさせる作風。 そして、むらさき銹彩壷「流砂」などは、まさに勾玉のようなルックスをモダンな配色で引き締め、現代アートにも通じる花瓶となっているのです。さて、そんな加藤幸兵衛の七代目なのですが、加藤幸兵衛の名前を広めるにいたって尽力したのは、5代目であると言われています。幸兵衛窯の礎を築き、新しい美濃焼の世界を開拓。陶芸界においても、非常に大切であり重要な人物で合った事が知られています。 1931年に帝展に初入選してからというもの、多くの人々から高い評価を得てきた加藤幸兵衛の5代目は、1950年にその功績が認められ、岐阜県陶磁器試験場長に就任します。ここでは、23年間という長い期間勤め上げており、彼の功績は陶芸界に本当に寄与しているということで、現在でも高い評価を得ています。 さらに、1973年には、岐阜県の無形文化財保持者に認定されており、80歳という年齢にも関わらず、より精力的に作品作りに勤しんでいたとの事です。明時代の金襴手を基礎にした作品を多く作り、現在でも引き継がれている、個展を中心とした作品作りが話題となっているのです。工芸品買取に関しても、非常に高価買取となります。加藤幸兵衛は、芸術家なのです。 加藤幸兵衛の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談