【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 加藤舜陶
加藤舜陶 陶祖「加藤四郎左衛門影正」という由緒正しき名家に生まれ、数多くの作品をこの世に産み落としてきた天才陶芸家が、加藤舜陶です。瀬戸焼きにおいての重要人物の一人と岩得れており、鈴木青々、河本五郎などと並び3本柱の一人として有名となりました。伝統技法を用いた技法では、食器なども幅広く手掛けており、そのマルチに渡る才能はこれからも広く高く評価され続けていきます。 1916年に、愛知県瀬戸市に生まれ、伝統のある名家に生まれたことより幼少の頃より、美術に触れる機会が多くあったと推測されます。父である春逸は割烹食器が専門であったためか、高級料亭のための食器を作っていたということです。さて、そんな加藤舜陶は、県立窯業学校に入学。 幼くして、陶芸家への道を志します。県立窯業学校を卒業した後には、より研鑽を積む為に板谷波山に師事をしていきます。日々研究を続けた加藤舜陶は、ついに1950年に開催された第6回の日展で初入選となります。そして、この入選をキッカケに日展をはじめとした、様々な工芸展などに出品を重ね名声を積み上げて行くこととなります。 そして、その実力が認められるようになった事で、数々の素晴らしい賞を受賞し続けていくこととなります。1955年には、日本陶芸展文部大臣賞を受賞。さらに、1960年には第3回新日展に出品。そこでは、特選・北斗賞を受賞することとなるのです。さらに、1990年に開催された新工芸展では何と、内閣総理大臣賞し、翌年の1991年での日展でも内閣総理大臣賞を受賞したのです。 こういった数々の賞を受けたところで、決して高慢となる事は無く、伝統を重んじながらも芸術性に溢れた独創的な作品を生み出し続けます。さらに、その功績が認められ、1974年には瀬戸市功労賞を受賞。 そして、1982年には愛知文化功労に表彰されています。1983年東海テレビ賞を受け、1987年に訓四等瑞宝章を受け取ります。数少ない瀬戸焼きの世界を広め、国内外で活躍をし続けた加藤舜陶。これからも、高く評価され続ける事でしょう。 加藤舜陶の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談