工芸品買取 北出不二雄

北出不二雄 九谷焼の重要人物として知られてるのが、北出不二雄です。九谷焼の伝統を守りながら、深く研究を続けていき、結果的に九谷焼の新しい世界観を打ち出した功労者です。イノベーションの精神で生み出され続けている九谷焼は、北出不二雄の存在で生まれ変わったといっても過言ではありません。伝統を模倣するだけでなく、その先にある新しい革新や技術を使い続けることで、新たな結果を手に入れたのです。 青手鳥文台鉢や青釉刻線鷺文壺などは、まさに青や緑を基調とした寒色系の陶器ですが、独特のモダンさが見て取れる美しい作品です。全体的にてらい過ぎることが無く、ごく自然の流れで生み出されていながら、さらには美しさも兼ね備えているという、奇跡のような逸品ばかりです。さて、そんな北出不二雄ですが、1919年にこの世に生まれます。陶芸家を志してからは、金沢美術工芸専門学校陶磁器科を卒業後、本格的に陶芸家としての道を進み始めます。 さらに、その年には連続的に入選を果たすこととなり、その実力と才能を日々開花させていきます。そして、先程紹介した青釉彫文鉢を日展に出品。特選・北斗賞を受賞するにいたります。そして、その後は第3回改組日展で審査員となり、陶芸界の躍進のために尽力します。そして、昭和54年には金沢美術工芸大学教授に就任し、さらには加賀市文化功労賞受賞と、その名を轟かせていきます。 精神で九谷焼を焼き続ける手法を取ることで、より芸術的な作品作りに傾倒していきます。並の作家であれば、徐々にその技術が曖昧となってくるところですが、北出不二雄はその後もより高く技術を磨くことで、多くの評価を獲得していきます。第19回改組日展での「青釉 石窟佛」は、なんと内閣総理大臣賞を受賞するほどになります。日本陶磁協会九谷支部長に就任し、広く九谷焼を広める事にも尽力します。 そして、日本陶磁教会の特別賞を受賞するなど、数々の功績を残した最重要人物なのです。 北出不二雄の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ