【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 吉田源十郎
吉田源十郎 昭和時代を代表する漆芸家といえば、吉田源十郎でしょう。その高い技術などで評価されており、新文展・日展審査員などを努め、日本の陶芸文化を世に広めて行った功労者でとしても知られています。さて、そんな吉田源十郎は四国、高知県に生まれます。幼少の頃より美しい作品などに触れ合う事が多く、次第に自らも漆芸家として生きて行きたいと、そういった強い思いに馳せていました。 そして、石井吉次郎に漆芸の基礎を習っており、東京美術学校を卒業しています。現代技術が進んでいるこの世界においても、実直に伝統的な技法を用いて漆芸をこなしていく事は、並み大抵の人間に出来る事ではありません。そういった意味でも、この吉田源十郎は陶芸界においても希少な存在であった事が知られています。さらには、この吉田源十郎なのですが、帝展などでの出品が知られています。 金などを博した美しい箱などを使い、そこからより現代的でモダンな作品を生み出しつづけます。そして、帝展での活躍だけでは無く、新文展でも非常に活躍をしていきます。しかし、そこで戦争が起きます。一時は、なかなか創作活動をする事ができなかったものの、漆芸を生み出しつづけたいという事で、戦後にも積極的に作品作りを継続していきます。その結果か、戦後では日展で活躍することとなります。その技術には、ブランクを感じる事は無く、さらにはより高度で素晴らしく洗練された技術となっていった事が注目されています。 吉田源十郎の作品は骨董買取においても注目されています。 そして、数々の功績が認められる事となり、その後には、新文展・日展審査員と、新たに審査委員を勤め上げていきます。陶芸界の発展に尽力し続けるだけでなく、自らも創作活動を積極に続け、「梅蒔絵飾棚」で芸術院賞を受賞する事となったのです。金沢美術工芸短大では、教鞭をふるい後進を輩出するために尽力します。多くの功績は少ないものの、その漆芸の技は陶芸界でも1、2を争うものです。より注目される作家となっていくでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談