工芸品買取 吉賀將夫

吉賀將夫 1943年に生まれ、萩焼の名工と謳われた人物が、吉賀將夫です。数々の名誉ある賞などを受賞しており、その実力は海外でも定評があります。さて、そんな吉賀將夫は、山口県の萩市の出身です。父が萩焼の大家としても名を馳せた吉賀大眉という事もあり、幼少の頃から数々の素晴らしい作品を目の当たりにしてきました。さて、そんな吉賀將夫が陶芸家を目指す事は自然の成り行きでもあり、東京芸術大学に入学をします。 陶芸や数々の工芸作品の基礎を学びつづけ、修了後には地元に戻り父の工房に入り修練を重ねて行きます。そして、自らも作品を数多く作るようになっていき、1975年には改組第7回日展にて初出品、何と初入選を果たします。この入選をキッカケに、数々の賞に出品し名誉ある賞を受賞し続ける事となります。 1979年には会員賞、そして1983年にNHK会長賞を受賞するなど、萩焼の名工と次第に呼ばれるようにもなっていきます。地元山口県での個展なども積極的に開催し、大きく貢献を続けて行くこととなります。そして、2000年についに「萩釉広口陶壺-曜99海」が、日本芸術院賞を受けることとなったのです。 名誉ある賞を受賞した事でも、世に注目されていき、その後の個展なども開催に因んでは成功を収めるなど、数多く実績を残して行きました。さて、この吉賀將夫なのですが、技法としては伝統的な萩焼をベースにしたモダンなものとして知られています。格式高い井戸手や粉引手の茶碗などは、実に味わい深く、日本美を感じさせるまさに芸術品として評価が高い事でも知られています。 また、そういった伝統的な作品の他にも、鮮やかな萩焼らしい優雅な作品なども数多くある事でも知られています。さらには、現代的でモダンな作品を作りつづけてる事でも、多くの人々に注目されている事が分かります。今後、吉賀將夫の作品は工芸品買取においても、価格が上がりつづけて行くだろう、そんな作家として注目されています。萩焼の神髄を極めた、名工の技を見る事が大切なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ