【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 増村益城
増村益城 重要無形文化財「髹漆(漆塗り技術)」保持者であり、人間国宝として名高い漆芸師が増村益城です。漆というひとつの分野を極めて行く事で、世界に誇る美しい作品を数多く生み出した天才として、今でも語り継がれる重要な人物となっています。さて、そんな増村益城なのですが、千葉県の柏で作業をすすめていた事も知られています。 新たな創作の地を求め、数々の伝説を作り上げた増村益城とは、一体どのような人物だったのでしょうか。赤地友哉に師事をしており、漆芸の基礎をそこで教わります。基礎を固め数々の苦難にも負けず、制作を続けて行きます。そして、奈良で辻永斎に師事していり、きゅう漆に蒔絵などふたつの側面からアプローチする事ができるようになります。 伝統を守りながらも、近代的な作風で知られている増村益城の作品は、まさにモダンというに相応しい美しいものとなっています。麻と漆を塗り重ねて成形する技術を自らの技として使い、繊細で美しいほかに無い作品を数々生み出しつづけて行きます。そして、「きゅう漆」の技法で重要無形文化財保持者に認定され、それからも創作活動を続けていったのです。 「乾漆梅花蓋物」は、独特な光沢感と明るい色合いが特徴となっています。どことなく、現代的な塗りには一寸の迷いも無い潔さを感じることができます。さらに、重厚に塗られているのに恐ろしいほどに薄く、軽い事も特徴のひとつでしょう。逆に。「乾漆うつわ」などは、伝統的なイメージを感じさせながらも、そのグラデーションが美しく、どこかモダンな印象を与えます。 「乾漆花輪中次」なども、凹凸を作ったユニークな形状をしているものですが、その塗りがまた見事です。陰影を絶妙に利用した重厚な黒も、どこか軽く爽やかな印象さえ与えるものとなっています。工芸品買取において、増村益城は素晴らしい価格となります。是非、人間国宝の作品を楽しんでください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談