工芸品買取 大野昭和斎

工芸品買取 大野昭和斎

大野昭和斎 木工芸家・大野昭和斎は、指物師という仕事をする家庭の長男として生まれています。その関係もあってか、指物師の道を歩べく14歳という若さですでに父・片岡斎三郎に師事をすることとなります。非常に厳しい指導を続けた父の元で鍛錬を重ねたことで、高い技術を習得していきます。さらに、23歳の頃にはより高いレベルでの修行をするために、文人画家柚木玉邨に師事をしていきます。 絵画を習っていた事で新しい号を授かります。その号が、昭和斎という号だったのです。桑など、数多くの木を好んでいます、その細かく精巧な技術力は、他の誰も追随を許さない素晴らしさがあります。さらに、欅や柿、黄楊木に肥松なども数多く手掛けており、その指物と象嵌は日本全国で高い評価を得ているのです。 さらに、重要無形文化財「木工芸」の保持者であり、人間国宝としては非常に珍しいジャンルでの認定となっています。大野昭和斎は、非常に多くの物作りをしており、箱や文机はもちろんのこと、卓や飾り棚に、小箪笥などもあります。さらには、盛器を作ったり、香盆、菓子鉢など多岐に渡って木工品を作っています。 人間国宝としての地位を持ち合わせる大野昭和斎。その受賞歴も非常に素晴らしいものがあります。第12回日本伝統工芸展入選に始まり、結果的に岡山県重要無形文化財木工芸「指物・刳物・象嵌」に指定されているのです。そして、人間国宝として認定された後は、勲四等旭日小綬章を受賞しています。 とにかく、その精巧でありながらも木材の素材を最大限活かした素晴らしい作品は、数多くの人々の心を釘付けにします。長年連れ添ったような風合いを最初から出す事により、大量生産される商品とは比べ物にならない基本が生まれて行くのです。 是非、この大野昭和斎の作品を目の当たりにし、本物への理解を深めるべきでしょう。美しい作品は、これからも価格が上がって行くはずです。是非、これからも注目し続けていきましょう。 大野昭和斎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ