工芸品買取 尾形乾山

尾形乾山 呉服商、雁金屋の尾形宗謙の三男として生まれた尾形乾山。兄には、装飾画派の大家でもある光琳を持つ、才能に溢れた家系で生まれています。そんな中で生まれ育った尾形乾山は、後に江戸中期に活躍をする名陶芸家となります。現在でも、尾形乾山の作品は数々の一流料亭などで扱われており、天衣無縫、そして一切の迷いの無い大胆な作風は多くの著名人などの目を楽しませています。 さて、そんな尾形乾山ですが、この名のは京都鳴滝泉谷に開いた窯名としてつけられています。様々な説があり、本阿弥光甫から光悦以来の楽焼の陶技を受け継いでいると言われていますが、それも定かでは無いとの事です。御室窯にいた野々村仁清にも陶技を習っていると言われており、各方面からの支援があったとされています。 仁和寺に許可を得ることで、ついに窯を開き、本格的な作品づくりが始って行きます。押小路焼の陶工孫兵衛などが、この尾形乾山の窯で働いていた事もあり、他には無い、乾山窯独特の釉法が数多く生み出されていったといいます。乾山が作陶と画賛をするような合作が当時は多く作られており、結果的に鳴滝乾山などという名前となっています。 二条丁字屋町に移った後には、そこで共同窯を使用した制作を始めています。そして、食器類を数々生み出しており、その事より世間にも名が広く広まって行くようになっていきます。そして、輪王寺宮公寛法親王の知遇を得た後には、入谷に住み込む事となります。そして、入谷乾山というように呼ばれるようになった作品には、今でも多くの価値が付けられます。 入谷を後にし、下野国に招かれてまた作陶を始めています。そこでは、佐野乾山と呼ばれることとなり、これもまた新しい雰囲気で価値の高いものと言われています。絵画の制作などにも力を注いでいたという尾形乾山は、その芸術的なセンスからも後世に残すべき国宝級の作品を多く作っております。高価買取の常連作家として、現在でも注目は止まりません。 尾形乾山の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ