【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 岩田藤七

岩田藤七

 1970年に文化功労者となり、世界中からの評価も獲得する日本を代表するガラス工芸作家と言えば、岩田藤七です。数々の作品を生み出すその天才的感覚は、国内はもとより、世界的な視野での作品作りであり、結果的に多くの美術館などにも保存される事となっています。
 さて、1893年に東京は日本橋に生まれた岩田藤七は、幼い頃より美しい工芸品などに心を惹かれていました。そして、美術に関わる仕事をしたいと思うようになり、前向きに美術への勉強を続けて行きます。1911年に白馬会に入会し、洋画家である岡田三郎助洋画の基礎を学んでいます。洋画の持つ、独特の世界観に惹かれることにより、心も世界へと向けられていったことではないでしょうか。そして、より本格的に造形を生み出す技術を学ぶために、1918年には東京美術学校にて金工科、23年には西洋画科を卒業しています。基礎を身に着けたものの、現場感覚がまだ少なかった事より、更に研鑽を積むための修行を続けます。
 今村繁三に出会い、そして吹きガラスを学ぶ事により、ガラス工芸の素晴らしさに目覚めていきます。1930年に、岩城硝子を退社することとなり、ここから自らのガラス作りを本格的に始めていく事となります。結果的にガラスを芸術として見ることとなるガラスアートを中心に作り、海外では1937年にパリ万国工芸展で銀賞を獲得するまでとなったのです。そして、1944年に念願の岩田硝子製作所を、東京都葛飾区堀切に設立することとなりました。そこからは、国内への視野も当然広げるために、日展や帝展などにも出品を重ね、ガラスアートの普及へと尽力を尽くしていくことになります。海外での作品展示も度々行っており、アメリカのメトロポリタン美術館にも所蔵されていることで、日本のガラスアートの先駆者とまで言われています。毎日芸術賞など、数多くの功績も残す岩田藤七。これからも日本を代表するガラスアート作家として語り継がれることでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談