【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 川喜田半泥子
川喜田半泥子 東の魯山人や西の半泥子、昭和の光悦などと称される天才陶芸家の川喜田半泥子。久太夫政令という名で生まれ、そこからの大きな活躍は日本陶芸界にとっても、非常に価値の高いものだという事が言われています。さらに、実業家、政治家でもあり、その影響力は計り知れないものでした。 さて、そんな川喜田半泥子なのですが、大阪府で生まれます。15代続いてく伊勢の豪商に生まれていることから、実に裕福で何不自由無い生活を送って行きます。しかし、祖父や父などは川喜田半泥子が誕生してから間もなくこの世を去ってしまいます。そのためか、何と1歳という年齢でこの川喜田の家の当主として迎え入れられる事となってしまったのです。 そして、その当時の母親はまだ18歳という若さ、これではあまりにも可哀想である…と、いうことで実家に返され祖母の手で川喜田半泥子は育てられて行きます。三重県尋常中学し、様々な経歴を経て百五銀行の取締役を歴任しています、陶芸家はもとより、実業家としての才覚を発揮していた事もあり、そういった方面での名前が知られているとも言われています。 さて、そんな川喜田半泥子の陶芸は最初は趣味という範囲で始っています。しかし、陶工に作らせれていた作品がどうしても気に入らなくなっていった事もあるのか、結果的に50歳という年齢を過ぎてから自ら作陶することになったのです。1933年になっては千歳烏山の自宅に窯を開くこととなり、作陶を本格的に開始しています。 そして、抹茶茶碗を制作することになったのですが、その作品が素晴らしいものということで話題となっていきます。非常に強い財力を持っていた事もあり、「財団法人石水会館」を設立することになります。結果、陶芸界の発展にも寄与しており、「荒川豊蔵」や「金重陶陽」、「三輪休雪」などの有名陶芸家の人間国宝を支援する形となっていったのです。川喜田半泥子の作品は、現在でも非常に価値が高く、高価買取となります。是非、注目してください。 川喜田半泥子の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談