【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 平田郷陽
平田郷陽 衣裳人形の第一人者であり、重要無形文化財保持者としても有名な人形作家が平田郷陽です。木目込みという技を用いて衣装人形をつくる、独特で繊細な技が評価されています。平田郷陽は、東京に生まれます。14歳という若さの頃に、人形師の初代 安本亀八の門徒でもあった父親に人形制作を始めています。家が人形作家としていた事もあり、平田郷陽は幼い頃から技術を磨いて行きます。 その時に、行き人形の制作技法を習得しています。造形美に優れた感性を持ち合わせていた事からも、その後の日本人形の制作者となってから、非常にリアリズムに徹底した作品を作り続ける事となります。青い目の人形の答礼人形として制作した市松人形は、関係者などを驚かせています。 その功績も高く評価されてり、第1回帝展に入選した事をキッカケに以来帝展、文展、日展など様々な名誉ある展覧会で大きな賞を受賞しつづけています。また、日本人形の美しさは世界でも人気であり、ベルギーやフランスでの万国博覧会でも高い評価を得ている事も特徴でしょう。 その美しい人形は、まさにリアリズムを感じさせる内容となっており、一寸の狂いも無いまるで生きているかのような、そんな端正な作品を生み出します。幼い頃より人形作家として活動していた父の背中を見ている事もあり、人形作りに対する意識も大きく違っているのかもしれません。 そんな数々の活躍と貢献を繰り返す平田郷陽は、遂に1955年に重要無形文化財「衣裳人形」保持者となります。人間国宝として認定されたのちも、おごりたかぶる事は一切無く、淡々と自らの芸術を極めて行く活動を続けます。 また、後継者育成にも尽力しており、社団法人日本工芸会理事を始め、同人形部会長等を歴任したり衣裳人形研究の陽門会を主宰するなど多岐に渡って活躍します。工芸品買取に関しても、平田郷陽の作品は非常に評価が高く、高価買取となります。これからも価値が高まる作家のひとりとなっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談