工芸品買取 徳田八十吉

徳田八十吉 代々九谷焼を守り続けているその陶工の名前が、徳田八十吉です。初代から始まり、現在まで伝統的でありながら、常に新しい作風で周囲を驚かす技術を持ち合わせる、日本きっての有名な陶工です。さて、その徳田八十吉はどういった歩みを営んできたか、さらには現在での美しい作品の特徴などを見て行きましょう。 まず、徳田八十吉が始ったのは1873年に生まれた、初代徳田八十吉の存在です。彼は、吉田屋窯風の作風を得意としており、数々の作風の中にも味わいの深い日本的な九谷焼を制作し続けています。そして、2代目の徳田八十吉は、初代徳田八十吉の養子として師事をしていました。1956年に、二代目徳田八十吉を襲名すると、自らの芸術性を伸ばして行くため、常に研鑽を続け数多くの名品を生み出し続けていったのです。 そして、1988年には八十吉の名を長男に譲り百々吉とい名前での活動を初めています。そして、三代目徳田八十吉は、1933ンえに生まれています。現代となっていた事と、その経歴として陶工への道を幼少の頃から歩み続けます。しかし、金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻中退を経験しています。しかし、それには数々の考える事もあり、名家を守るという心意気から、初代と二代目に師事して、九谷焼の伝統を極めていく事となるのです。 1911年には第11回日本陶芸展で、大賞・秩父宮賜杯を受賞し、その名声を挙げます。結果的に、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者としてたたえられる事となり、日本はもとより世界各国でも賞賛を浴びているのです。そして、現在では4代目徳田八十吉となっています。1961年、青山学院女子短期大学卒業となっていまうs。元々、陶芸界にはそれほど興味が無かったかもしれません。しかし、2010年の3代目の死を受けて襲名。4代目徳田八十吉とし現在活躍を続けています。このように、美しい九谷焼を伝統として守り続けるのが徳田八十吉。これからの活動にも注目をしていきたいですね。 徳田八十吉の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ