工芸品買取 木村武山

木村武山 日本画の大家であり、常に日本画の新しい可能性に向けて邁進していた人物が、木村武山です。岡倉天心の元で賢明に日本画の未来を切り開くべく活動をし、世界的に非常に高い評価を得ている異質な画家としても知られています。さて、そんな木村武山なのですが、1876年に茨城県笠間市に旧笠間藩士木村信義の息子としてこの世に生を受けて行きます。 父は、銀行の頭取となる程の実業家であり、実際にも郷党の人望家として多くの人々から慕われていたとの事です。さらに、こういった裕福でもあった家庭環境から、2歳頃という幼さでありながらも、地元の南画家桜井華陵に師事をして絵画の手ほどきを受けています。そして、優秀な頭脳をもちあわせていた事もあり、東京開成中学校に入学。しかし、絵画への興味がそれを勝っており、結果的に翌年には東京美術学校普通科に編入を果たす事になります。 下村観山が教師としてこの学校で教鞭をふるっていたのですが、下村観山に強い影響を受けることになります。結果的に、画家としての道を歩む事を決心していきます。日本画研究科に進学した木村武山は、その年の日本絵画協会第一回展に出品した「貫定卿旧都観月」が二等褒状を受けることとなり、その名を世に知らしめて行きます。その後も、数々の役職などについていき、日本画の大家としての道を歩み始めます。 下村観山との強い絆が合った事から谷中初音町の八軒家などで、多くの作家と居住しています。また、日本画の衰退を食い止めるため、そして大きな繁栄を築き上げて行くために、大観や観山らと共に、日本美術院を再興します。 ここでは、経営者だけでなく、評議員や同人の三役をこなすことで、より院の存在感を強めて行く事になったのです。仏画などを晩年は中心に描き、その優れた色彩感覚で多くの秀作を残します。「徳川邸行幸」や「日盛り」などの名作などは、現在でも語り継がれる名作です。工芸品買取でも、常に注目される芸術家のひとりこそ、木村武山なのです。 木村武山の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ