【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 本阿弥光悦
本阿弥光悦 江戸時代初期に活躍をした、書家であり陶芸家、さらには芸術家の本阿弥光悦。書は寛永の三筆の一人と言われるほどの実力者であった事も広く知られています。さて、そんな本阿弥光悦なのですが、刀剣の鑑定、研磨、浄拭を生業としている家系に生まれています。幼少の頃よりそういった環境で育った事で、芸術的なセンスが身についていったと言われています。 光悦自身、こうした刀剣関係の家業に関わりを持っていた問い我ながらも、彼自身がこの刀に関するような作品を生み出していたという事は、あまり言われておらず、書にこだわっていた事の方が有名となっています。また、洛北鷹峯に芸術村を開いた先駆者である事も広く知られています。 徳川家康からの鷹峯の地を拝領する事となり、本阿弥一族はもちろんのこと、町衆、職人などの様々な法華宗徒仲間と移住とし、ものづくりの拠点としての新たな世界観を生み出しつづけて行ったのです。俵屋宗達、尾形光琳と共ににあの琳派を創設したとして、日本文化の親とも言える重大な存在として広く影響を与えていった事も有名です。さらに、陶芸家としても活躍をしているのも面白いところでしょう。常慶に習ったと言われている楽焼の茶碗などが有名です。 その楽焼の純粋でありながら美しいフォルムは、今まで作陶をしていた人間では無いこと故の作為に満ちた嫌らしさの何も無い美しいところなのです。そして、漆芸においても実力を発揮しつづけます。装飾的な図柄の硯箱がとても有名ではあるのですが、多くの仲間がいた事からも、どこまで画彼の関わった作品なのがポイントとなっているのです。 楽焼白片身変茶碗 銘「不二山」や、舟橋蒔絵硯箱が国宝に指定されており、現在でも展示されています。黒楽茶碗 銘「雨雲」、黒楽茶碗 銘「時雨」など重要文化財としても数多く生み出されています。以降、価値は非常に上がっており、骨董買取において、本阿弥光悦の作品はかなりの高価買取となります。本阿弥光悦こそ、日本が誇る最高の芸術家の一人だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談