【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 板谷波山

板谷波山

近代陶芸の巨匠として、数多くの名作を残した人物が、板谷波山です。重要文化財でもある、「葆光彩磁珍果文花瓶」は淡い青色と独特の花の絵柄、そして丸みを帯びる艶やかさを感じさせる造形が、まさに見事な作品です。茨城県真壁郡下館町に1872年に生まれている板谷波山は、幼少の頃より自らの力で作家としての活動をすることを夢見ていたと言われています。そういった事からも、東京芸術大学に入学。その当時は木彫を学んでおり、造形力を身につけていったと言われています。

他には無い作品を生み出し続けた板谷波山

そして、その後は石川県工業高校での陶磁器の研究を開始します。陶芸への深い感心は日々強まって行き、結果的には東京都の田端に築窯する運びとなります。名を板谷波山と改め、この号で陶芸家として出発を遂げて行ったのです。板谷波山といえば、その近代的なアプローチが評判を獲得しているのですが、やはり西洋のアールヌーヴォーの影響は関係があるようです。木彫りでも学んだ彫刻の造形力だけでなく、西洋の新たな技術、そして独特な釉薬使い。こういった様々な要素を自らの感性で融合させた、他には無い作品を生み出し続ける事となったのです。

陶芸家としては初の文化勲章を受賞

また、こういった近代的な彫刻が評価された事からも、帝室技芸員、文化勲章も受賞する事となります。実際、文化勲章を受賞した陶芸家は、この板谷波山が初であり、近代陶芸が日本美術界で広く認識され評価される、そんなキッカケとなった人物だったのです。「葆光彩磁孔雀尾文様花瓶」も、代表作のうちのひとつではありますが、まさに悠揚たる風貌です。しかし、アールヌーヴォーを感じさせる曲線的な草木のモチーフの絵柄、そして全体を淡い青で引き締める独特の筆遣いが、女性的な優しさをも感じさせるのです。 今後、この工芸品買取・板谷波山作品は、年数を重ねるにつれ評価されていく事は間違いありません。日本の近代陶芸を作り上げた祖でもあり、後進の育成にも尽力した板谷波山。忘れてはいけない、日本を代表する陶芸家なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談