工芸品買取 柴田是真

柴田是真 蒔絵師という仕事で、日本画をも凌駕する美しく幻想的な作品を生み出し続けた重鎮が柴田是真。幕末より明治期にかけて活躍を続けた蒔絵師である柴田是真は、何と下絵から蒔絵までの全ての工程を自らでこなすという、天才的かつ驚異的な作風で知られています。「五節句蒔絵手箱」や「烏鷺蒔絵菓子器」など、まさに芸術というべき洒脱な作品を生み出し続けた一方、漆絵なども多く手掛けており、その作品は蒔絵師という範疇を超えた、全く新しく斬新なもので合ったという事が知られています。 絵画の世界で生きていながらも、工芸という技術職をかけあわせる事ができた蒔絵師は、そう何人もいなかったでしょう。そして、柴田是真と言えば、国内はもとより海外で高く評価されているのが特徴です。万国博覧会に出品したことで、ZESHINの名前は世界中に知れ渡る事となったのです。 現在においても、このZESHINの名前で数々の蒔絵などが取引されており、日本文化を研究、またはコレクションしている人々にとってみては宝のような扱いとなっています。さて、そんな柴田是真ですが、1807年に江戸両国橘町に生まれています。父が、彫工として宮大工の仕事などをしていた職人であった事からも、幼少の頃より何かを作る…と、いう事を目指すキッカケとなっていたかもしれません。 さらに、幼少には浮世絵を好んでいた事でも知られており、勝川春亭或であったり勝川春章などに師事をしていた事も知られています。そして、そんな柴田是真を蒔絵の世界に引きずり込むのが、初代古満寛哉。その精巧であり職人気質であった作風は、弟子として学んでいた柴田是真の心を動かします。 さらに、数々の有名な画家や陶芸家に学ぶ柴田是真は、日本画にはじまり様々な分野で活躍をする事になります。軽妙洒脱なウィットに富んだ彼の作品は、多くの人々に感銘を与えただけでなく、重要な宝物として国内で保管されます。柴田是真は、日々価値があがって行く事は間違いないでしょう。 柴田是真の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ