【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 楠部彌弌
楠部彌弌 楠部彌弌といえば、彩埏という方法を生み出し数々の名作を生み出した有名な陶芸家です。平安神宮に「楠部彌弌作陶之地」という石碑があることでも知っている方は多いかもしれません。京焼の伝統を重んじながらも、その美しい色彩感覚には目をみはるものがあり、美しいだけでは無く、天才的な陶芸技術でも評価されています。 さて、そんな楠部彌弌なのですが、京都に1897年に生まれます。陶器貿易商の父千之助の四男であり、先祖は伊勢神宮に収めるための、神具などを作っていたといいます。幼少の頃よりそういった経緯があった楠部彌弌だけに、幼少の頃より陶芸に興味を示し始めます。最初、美術学校で絵画を学ぶ事となり、画家を目指しているのですが、両親が陶芸家になってほしいという思いがあったのか、京都市立陶磁器試験場の伝習性に編入することになります。 この京都市立陶磁器試験場には、河井寛次郎であったり、陶芸家八木一艸などの後の陶芸界を背負って行くような人物達も学んでいたようです。さて、陶芸の勉強に励むことにより、より深く陶芸の世界に興味を抱くようになります。結果的に、父の家業を継ぐ事を拒み、古い粟田焼窯元の跡地に転居し、作陶に勤しむ事となったのです。 個展などを開いたりして活動を続けますが、結果的に長く続く事は無く、なかなか前向きな作品作りに至りませんでした。そんな中、1924年に行われたパリ万博博覧会にて出品作である百仏飾壷が入賞。楠部彌弌を広く知らしめるための、大きなキッカケとなった事はいうまでもありません。さらに、日本美術工芸展に出品した黒絵偏壷が宮内庁の買取となっており、より活躍の場を広げて行く事となります。 楠部彌弌と言えば、釉下彩埏の技法です。「土に水を加えて軟らかくする事」を意味しており、根気のいる途方も無い作業を繰り返します。こういった、独自の技法を手に付けた楠部彌弌の作品群は、高価となります。工芸品買取でも、注目され続けて行く事でしょう。 楠部彌弌の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談