【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 横山一夢
横山一夢 『静かな朝』 、『木彫猩々』、 『鯉置物』 、『松の精』など、数多くの名作を生み出した、日本が誇るべき木彫工芸家が、横山一夢です。常人を超えた技巧の極地を極める日本を代表する陶工の一人として広く知られています。さらに、富山県指定無形文化財としても認定されており、木彫工芸家として地元にも大きく貢献をしている事でも知られます。 さて、そんな横山一夢なのですが、昭和期から平成期に活躍を魅せた希代の作家としても知られています。富山県井波という、木彫工芸家が多く住む素晴らしい土地で育った事も、後の技術力に関係をしていきます。横山一夢は、幼少期より多くの木工家の素晴らしい技術を目の当たりにしていた事もあり、父もまた有名な木彫工芸家でした。生まれた時から、自らもこの道に進む事を決意しており、父の元で研鑽しつづけて行きます。 そして、独立をした後には、木彫工芸家としては珍しく非常にモダンで繊細な技術を要するテクニックを使い仕上げていきます。その作品の数々は、伝統的な技法を用いて生み出されたものもありながら、彩色を多く用いた装飾的な作品を展開させ周囲を驚かせます。魚類、鳥類にはじまり、獅子頭などを功名に作り出す高い技術で評価を得て行きます。 骨董買取においても横山一夢の作品評価は高まっています。 結果的に、数々の名誉ある賞へ出品しており、素晴らしい賞を受賞しつづけていきました。さらに、その功績から木彫工芸家の発展にも尽力します。1967年には、第6回日本現代工芸美術の審査員を、1970年には第2回日の審査員、さらに1971年には日展の評議員などを歴任しています。 1980年には、第19回日本現代工芸美術展での文部大臣賞を受賞し、それ以降、勲四等瑞宝章受章、紺綬褒章受章など木彫工芸家としても珍しい功績を挙げていったのです。日展においては、参与となり数多く素晴らしい作品を世に送り出していきました。日本の木彫工芸家を変えた功労者、横山一夢。彼の存在こそ、世界に認められるべきものなのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談