【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 横山尚人
横山尚人 “グラスデコール”という造語を生み出し、装飾的なガラス工芸を生み出す人物が、横山尚人です。国内は勿論のこと、世界的にも素晴らしいガラス工芸を多く生み出しつづけ、数多くの名誉ある賞を受賞しつづけた、天才芸術家としても知られています。「楽園の長老」は、まるでピエロのような鮮やかでありながら、ガラスのもつ独特な素材感を活かした幻想的な装飾が魅力です。 愛らしさに満ちあふれながらも、どこか皮肉に満ちている、芸術性の高い作品となります。また、「泉湧く楽園」も同様に現代美術としての高い価値を持ち合わせています。ガラス特有の透明感を利用したボディから、色とりどりの装飾が施され、こちらも横山尚人を代表するアイコニックな存在として印象を強く残します。 さて、そんな横山尚人ですが、日本を代表するガラス作家として重要な位置づけとなる人物の一人として知られています。1975年頃より、ガラス制作活動を始めており、数々の名作を生み出し人々を魅了しつづけます。バーティル・ヴァリーンを敬愛しており、彼の面影を感じさせるような作品群も数多く見られています。 また、ガラスに魅せられた人物としても知られており、日本ガラス工芸協会の理事も勤めている事でも有名となります。彼の創作技術は、一筋縄ではいかない事が知られています。まず、工芸品としての作品だけでなく、芸術性の高い装飾的な作品がガラス制作の基本姿勢となっています。 そのため、通常ガラス工芸では見られないような、純銀やトルコ石等を用いた彫金との組み合わせがユニークです。さらに、造形美も追求している事から、そのマテリアルも横山尚人だから故の美しい作品となっており、他は類を見ない個性的な作品となっているのです。 1986 初個展「横山尚人グラスデコール展での成功から、「能登島グラスアートナウ指名コンペティション」審査員奨励賞などにも輝きます。今後も、芸術性の高い作品を多く生み出すであろう、横山尚人。彼の実力は、止まるところ知らないのです。 横山尚人の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談