【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 氷見晃堂
氷見晃堂 木工芸として、重要無形文化財保持者に認定されている作家が氷見晃堂です。木目を際立たせる美しい仕上げの技術はもちろん、木工芸に生涯を費やす事をいとわなかった、天才と呼ばれています。石川県金沢市出身に生まれた氷見晃堂は、幼い頃より金沢の美しい街並や工芸品などに触れて感性を磨いて行きました。商家の生まれでありながらも、指物師に弟子入りをしていきます。 そして、木工家池田作美に師事する事となります。その事で木工芸の道を歩み始める事となりました。砂磨き法という技法は、江戸時代まで使われたいた伝統の技法なのですが、あまりに手間がかかる事から絶えていました。木材を砂で磨く事で、柔らかい部分をすり減らし、さらに硬い年輪の部分を浮き上がらせるという工程を復活させ、自らの作品の特徴として使い始めているのです。 松田権六の指導によって金銀線縮れ象嵌を考案。数々の功績を木工芸を通じて残し続けて行きました。初期の作品には、非常にきらびやかで華やかなものが多いとされていますが、作陶を続けて行くうちに、木が持つ自然な美しさをより見せていくために、自然な作品を多く生み出しつづけました。一見シンプルなのですが、その輝きや滑らかな造形美は、他には無い雰囲気を生み出していきます。 自然の美しさを感じさせながらも、その自然な姿はまさに奇跡と呼ぶに相応しいものだったのです。そして、地位、名声を経た晩年になっていくと、そこでは華麗な象嵌などを今一度作り、また味わい深い作品を生み出しつづけて行ったのです。また、机、棚、風呂先などを多く制作しており、氷見晃堂の作品であれば非常に高い評価を獲得する事ができるので注目されています。 桑材を中心的に使用している事から、劣化も少なく丈夫である事も魅力のひとつとされています。工芸品買取においても、氷見晃堂の作品は非常に高価買取です。これからも、貴重なものとして高く評価され続ける事でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談