工芸品買取 永樂和全

工芸品買取 永樂和全

永樂和全 江戸期、特に後期を代表する天才陶芸家と言えば恐らく永樂和全でしょう。 千家十職の一つであった、土風炉師の善五郎の十二代という由緒ある家系に生まれており、その才能は幼い頃より秀でたものがあったという事です。 1823年に江戸に生まれる永樂和全は、 十二代善五郎を1843年に襲名。しかし、その後は息子に13代目を譲り、そのまま隠居して作品作りに励んでいたといいます。さて、そんな彼がまず窯を用いるまでには、酒造業木屋久四郎の長女との結婚がありました。この結婚生活を経て、結果的にこの頃に仁清窯跡を拝借し、御室窯を築窯していきます。本格的に陶器の世界に入り込んで行った事で、和全の鉛を使用することになっていきます。 そして、九谷焼の名手でもあった事より永樂和全は、宗三郎・常次郎と一緒に指導なども行っています。そして、九谷から帰ってくると、すぐさま得全に善五郎の名を譲ってしまいます。自らは、その後に三河国岡崎の豪商でもあった、鈴木利蔵の誘いで岡山にある甲山に窯を設けることとなります。岡崎で、作品作りに励んで行きますが、その作業が一段落したところで帰京することとなります。 そして、洛東高台寺鷲尾町へと転居をしており、菊谷焼を始めることとなります。しかし、その後に妻が亡くなり、さらには聴力を失ってしまう…と、いう不幸に見舞われて行きます。その事もあり、結果的に祇園に住まいを写しており、さらには建仁寺塔頭の正伝院に転居をしています。 転々とさまざまな場所で制作しながらも、最後はひとりとなり京都で一生を終えたという事です。作風に限っては父と同様に、平皿を始めとした様々な作品を手掛けています。絵や交趾焼、仁清といった写しも素晴らしい技量を持ち合わせており、卓越した技術を持ち合わせている希代の陶芸家でもあったのです。 これからも、多くの人々の心に残り続けるだけでなく、美しい作品を生み出し続けて行くでしょう。高価買取も間違い無いのです。 永樂和全の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ