工芸品買取 河合卯之助

河合卯之助 数々の挑戦をしながら、新しい陶芸の世界を切り開いていった作家が河合卯之助です。染を基本として陶芸作りを行い、自然でありながらもどこか独創的なその作風は、数多くの人々の心を動かし続けて行きました。 さて、そんな河合卯之助なのですが、生まれは京都で陶工河合端豊の次男としてこの世に生まれます。幼い頃より数々の美しいものに触れることにより、芸術の分野に高い興味を持ち始めます。結果、京都市立美術工芸学校に入学をし、1908年に京都市立美術工芸学校を卒業をします。 そのまま、京都に残り作家活動をしており、京都における重要な人物としても広くしられています。さて、そんな京都市立美術工芸学校を卒業した後には、京都市立絵画専門学校を卒業しています。二つの角度から自らの芸術感を磨き上げ、家業を手伝っていきます。さらに、この河合卯之助は西陣織の図案を描いていた事でも知られます。 類い稀なる描写力と想像力は、数多くの美しい着物の基礎を生み出し、そして発表し続けて行きます。さて、陶芸家として本格的に動き始めたのが、1922からの事です。朝鮮半島に旅行をした時に、古陶の研究に没頭します。ここで、陶芸の美しさに魅せられ、結果的に京都向日町に向日窯を開設する事となります。朝鮮旅行の際に、自らの技術を完成させていた事で、その作品作りも非常に早いペースで進められます。 そんな河合卯之助の特徴としては、あまり団体に参加をすることは無く、一匹狼的に、個展などを開催して名声を広めていきます。また、そのデザインは山草野草の写生を元にした図案から文様を作ります。 絵画などに通じていた河合卯之助だけに、他の陶芸家とは一味違う独創的で高い写実力は、河合卯之助ならではの作品を生み出すキッカケとなります。自らの芸術を追求しつづけた河合卯之助。彼の存在は、京都ならず日本陶芸界においても重要なものです。これからも、広く評価が上がる事は間違いないでしょう。 河合卯之助の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ