【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 清風与平
清風与平 京焼の名手として幕末に名を馳せた清風与平。現在では、その名を引き継ぎ続ける名家となっており、伝統を守りながらもつねに新しい作品を手掛け続ける、京焼の世界としても重要な陶芸一家として知られています。さて、そんな清風与平なのですが、初代は1803年に生まれます。父は、加賀藩士保田弥平であり、取り分け裕福な家系に育つ事となります。 さて、そんな清風与平なのですが、1814年の頃より、京都へ移り住んでいる事が分かっています。その場所では、仁阿弥道八のもとで陶技を学びます。日々、陶技の基礎から応用までに研鑽を積み上げて行き、技を手に入れてきます。そして、師の命によって、,桃山の三夜荘に窯を築く事となり、楽焼を作る事となります。さらに、その経験を踏まえた上で、五条橋東4丁目に開窯をしていきます。 楽焼を始め、染付や朝鮮写に白磁,色絵など、様々な作品を作り上げていき、世間の評価を上げ続けて行きました。御庭焼の指導などもしており、後世にその技を残すために尽力していた事でも知られます。さらに、備前藩筆頭家老伊木忠澄にも招かれている事が知られています。 そこでは、虫明焼を焼いており、指導なども合わせて行っている事で知られます。その高い技術力だけでなく、人柄も非常に評価されていた事が良く分かります。さらに、初代の作風なのですが、師でもあった仁阿弥道八が確立していた、五条坂の和風京焼を受け継いでいると言われており、独特の評価を獲得している事で知られています。 何とも、始めての帝室技芸員に選ばれたということでも知られ、明治期を代表する作家の一人であると、現在でも高く評価をされている人物なのです。さて、現在では4代目も有名となっています。 伝統をおもんじながらも、新しい現代的に通じる作風を多く手掛けており、1878年にはパリ万博や、1893年シカゴ・コロンブスさらには、1889年パリ万博など世界的にも活躍を続けます。今後も、評価があがる重要な作家として知られます。 清風与平の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談