工芸品買取 玉楮象谷

工芸品買取 玉楮象谷

玉楮象谷 格式高く、そして郷土愛も感じさせる香川漆器の源流となったと言われるのが、玉楮象谷とう漆工家です。玉楮象谷は、高松に生まれており、数々の漆の技術を発展させた独自の世界観で作品を生み出し続けて、香川県における漆工の歴史を深く広めた貢献者とされています。1806年に高松に生まれた訳ですが、実は玉楮象谷の致死は鞘塗師、藤川理右衛門であったという事が知られています。 そういった生まれながらにしての、漆工家の生まれということで、その才能も遺伝だったのかもしれません。さて、陶芸の道を歩む事に関しては自然の流れとなった玉楮象谷なのですが、20歳の頃に京都へと遊学しています。京都において、様々な技術を学ぶべく、塗師、彫刻師、絵師という業界の重鎮達と交友を深めて行きます。こういった、業界の人間との仲を深めることは、敷いて言えば自らの芸術の肥やしともなっていきますし、第一世界の発展にも役立つ事だったのです。 そして、自由闊達で無垢な作品を多く作り続けた事もあり、存清から蒟醤、紅花緑葉など数多くの中国に伝来している漆塗技法を研究。そして、自らの感性により新しい世界を切り開くよう努力を重ねて行くのです。さて、玉楮象谷なのですが3代藩主に仕えていた事もよく知られています。そういった事も踏まえてか、自らが求める作品作りの没頭できていた事もあり、香川県における祖とも言えるような作品を多く生み出していきました。 さらに、市内中央公園には象谷翁を象る銅像が現在でも設置されているということで、どれほどに貢献をしたのか分かるのです。そして、将軍や大名などの進物に利用される程の腕前も持っていたにも関わらず、敢えて新しい斬新な作品作りを辞めることが無く、結果的に象谷塗,讃岐彫という、今までにあり得なかった全く新しい世界を生み出したのです。これからも、玉楮象谷の世界観は失われること無く香川県で命を付け続けるでしょう。そして、工芸品買取としても高い評価を受け続けるのです。 玉楮象谷の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ