【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 生野祥雲斎
生野祥雲斎 別府の竹細工を日本全国に発表し続け、その高い水準の技術により竹工芸の第一人者として活躍した人物こそ、生野祥雲斎です。日用品として扱われていた竹細工を、芸術の域にまで作り上げ、そして多くの賞なども獲得した日本工芸界の重鎮としても知られています。さて、そんな生野祥雲斎ですが、別府市に生まれています。19歳の頃には既に師についており、竹の技術を早い段階で習得していきました。 そして、その技術と創造性は高く評価される事となっており、結果的に奉祝展入選以後には、日展を始めとした数々の賞を獲得し続けて行く事となったのです。そして、竹工芸の分野としては初となる、人間国王にも認定されており、竹細工を誰よりも日本に広めた第一人者として有名となるのです。 当然ながら、全て手編みで作られる美しい作品の数々は、まるで完璧に設計されたような美しさを持ち合わせます。さらに、そういった独特の感性から生み出される作品は、工芸品としての竹細工では無く、もはや日用的でありながらも、崇高な重みさえも与えるのです。 さて、そんな生野祥雲斎は幼少の頃から非常に画家であったり彫刻家などに憧れていた、という事が知られています。自らが、こういった方向に進むようになったのも、こういった意思の強さが関係してるのかもしれません。陶芸家は勿論なのですが、竹細工であっても非常に根気が必要となる作業です。 少しづつ編込んでは、強度を強くしていき、さらにはその作品としても素晴らしくなければなりません。機能性と芸術性を完全に両立させることにより、完璧な世界観を生み出していく、という流れとなっていくのです。 紫竹炭斗や紫竹かけ華籃、紫竹投入華籠などは古い作品でもありますが、普遍的な美しさを持ち合わせています。また、後期になっていくと、曲線美を敢えて出した絶妙な編込みの作品も増えて行きます。彼の作品は、工芸品買取においても、より名を上げて行くことでしょう。 生野祥雲斎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談