工芸品買取 藤原啓

工芸品買取 備前徳利 藤原啓 1970年に人間国宝に認定され、日本の誇る大陶芸家として名を知られているのが、藤原啓です。1899年に岡山県備前市穂浪に生まれ、農業藤原伊三郎の元に生まれています。俳句であったり小説などに長けており、幼少時代より数々の名作を残したと言われています。 そして、骨董買取においても藤原啓の作品の評価は高くなっています。 その証拠に、博文館が手がける『文学世界』に応募したとされる短編が1等を獲得をしているのです。上京をした後に、博文館編集部に勤務をしており編集を担当する事となります。正宗白鳥、徳富蘆花などの影響もあり、詩なども作り始めています。さらに、早稲田大学英文科の聴講生となるのですが、1年で中退。川端洋画研究所に通い、3年間デッサンを学んでいます。 その後、数々の作品を世に出す作家として活動を開始しますが、自らの生み出す文学に限界を感じてしまい、精神衰弱に陥ってしまいます。ここで、帰郷をし万葉学者の敦夫の勧めにより三村梅景に師事し備前陶芸の道を始めています。 40歳という遅いスタートではありましたが、北大路魯山人などの指導もあってか、技術を早く向上させていったのです。古備前復興の継承に尽力を注ぎ、自然の造形を生み出していきます。元々、美的センスの高かった事もあり、その作品は自然の力を使った美しいものであったと周囲の評価も高くなっていきます。 魯山人の斡旋で日本橋高島屋にて個展を開催し、見事成功。その作品の素晴らしさを備前焼の継承が讃えられ、同年には岡山県指定無形文化財「備前焼」保持者に認定される事となります。また、プラハ国際陶芸賞を受賞するなど、世界的にも活躍をし始めているのです。 そして、重要無形文化財「備前焼」保持者に認定され、勲四等旭日章を受章した後に、1976年には備前市名誉市民となるのです。別の道を歩んできた希有な陶芸家でありながらも、大きな功績を残す事となった藤原啓。彼の、本当に才能は陶芸で発揮されたのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ