工芸品買取 藤原建

藤原建 藤原啓を叔父に持ち、作陶を続ける事で大家となった人物が藤原建です。岡山県重要無形文化財保侍者となった事でも知られており、伝統的な備前焼をモダンな姿へと昇華させる現代的な作家でもあった事が知られています。 緋襷壺などはその代表的な作品ですが、美しく滑らかそびえ立つフォルムが特徴です。艶やかなイメージではありまながら、備前の持つ独特な自然の表情を加え、炎が作る偶然の美しさがギリギリのところまで追求されている秀作です。どこか赴きがあり、郷愁を誘うのですがモダンでありスタイリッシュな雰囲気が藤原建のセンスの良さだと思われています。また、豪放と緻密さを併せ持つ事でも知られており、このモダンな作品とは対照的な徳利などにも評価が上がっています。 骨董買取においても藤原健の作品の評価は上がっています。 胡麻と土味というまさにシンプルな作りでありながらも、哀愁漂う土の色合いが絶妙なバランスを作り生み出しているのです。そして、その一分の狂いも無いような美しく滑らかなフォルムなども、名陶を思わせる技術の高さを感じる事ができるのです。岡山県に生まれた藤原建なのですが、叔父にまずは陶芸を習います。土だけが作り出す独特の世界観と一見醜悪にも見える美しさ。 人間の本心に迫って行くような芸術的な世界観に虜になっていくのです。そして、叔父への師事をした後には、備前焼き大家などに師事をしており、あの北大路魯山人の元で修行した事でも実力を高めています。 ただ、土を練り炎の偶然に身を任せるだけの備前焼なのですが、細かい配慮であったり繊細な技術でその作品の価値は大きく変化をしていきます。そういった小さな努力を重ねて言った事からも、岡山県重要無形文化財指定という素晴らしい名誉ある賞を受賞するに至ったのではないでしょうか。また、この岡山県重要無形文化財指定というのは、金重陶陽の後です。53歳という若さでこの世のを去ってしまった事が悔やまれていますが、そのために彼の作品はより注目されつづけて行くのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ