工芸品買取 藤原雄

工芸品買取 備前窯変掛花生 藤原雄 人間国宝に認定されている日本の陶芸家のひとりが、藤原雄です。数多くの備前焼を作り、名作を生み出しつづけている天才の一人としても知られている大作家です。藤原雄は、1932年に岡山県備前市に生まれています。視力が非常に弱く、視力が右目は0.03、左目は無しという厳しい状況下においても、健常者と同様の教育を受けさせる父親のおかげで、通常の人生を歩んでいました。 さらに、音楽であったり文学に深く勤しんでいた事もあり、芸術的なセンスを身に着けていった事でも知られています。結果的に、藤原雄の生み出す作品は伝統的な部分を守りつつも、さらに新たな感性を使い新たな芸術作品として追求を続けていた事も知られているのです。また、新人の発掘や後継者などの躍進にも尽力をしています。 「焼き締め陶公募展」という催しの実行委員長を勤めており、さらになる焼物文化の発展に勤しんでいたのです。また、息子の陶芸家である藤原和です。陶心会会長・備前陶友会理事を勤めており、伝統を重んじる藤原雄の教育の賜物である事も広く知られているところなのです。藤原雄は、文学に強く興味を抱いていた事からも、明治大学の文学部、日本文学科に進学しています。 その後に未すす書房に就職を果たしているのですが、父親の看病の為に休職してしまいます。帰郷した後には、小山富士夫に備前焼を薦められており、そこで父親に師事をし始めたのです。元々、美的センスが高かった事もあったのか1958年には、日本伝統工芸展に初入選を果たします。 さらに、同年には第一子、和が生誕しています。カナダでの個展の大成功を機に、アメリカ、カナダ、メキシコ、スペインなど世界各国で備前焼の講義などを行い、世界的にも名を知らしめています。1996年には、重要無形文化財「備前焼」保持者に認定されており、2代に亘っての人間国宝を獲得するという快挙を成し遂げました。備前の伝統を守るその姿勢、今でも多くの人々の心に焼き付いているのです。 藤原雄の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ