工芸品買取 藤本能道

藤本能道 近代化作家として数多くの功績を残したのが、藤本能道です。人間国宝にも認定されており、日本の陶芸界に革命を起こした人物としても高く評価されています。藤本能道は、東京都の大久保の出身です。東京府立第一中学校の在学中には、すでに陶芸家としての道を意識していたのか、卒業後に東京美術学校工芸科図案部に入学をしています。 そして、東京美術学校工芸科図案部を卒業した後には文部省技術講習所に入所しています。陶芸の基礎を固めて行く事により、より陶芸家としての道を極めたいと思うようになっていきます。その熱意からか、加藤土師萌に師事、富本憲吉の助手を務めながら、九谷焼系の色絵磁器という技法を習得するまでとなりました。 輸出陶磁器のデザインや窯業技術指などの作陶生活をしながらも、色絵の世界に深く興味を持ち、より色絵に着手をし始めています。そして、その色絵の技術で才能を花開かせます。第31回光風会展で「礎器色絵花瓶」が光風工芸賞を受賞。名声を上げて注目されるようになります。釉薬や描画法などの研究も追求していき、唯一無二の近代的でモダンな作品を数多く生み出しつづけて行きます。 結果的に、日展、国展に初入選した後に数多くの賞を受賞する運びとなりました。1956年日本陶磁協会や、1965年での日本工芸会東京支部展受賞、さらにジュネーブ国際陶芸展で銀賞など国外においても高い評価を獲得しているのです。藤本能道の作品は骨董買取においても価値が上がっています。 東京都の青梅で作品作りを落ち着かせており、着彩を白磁焼成の本焼工程前に行う独自の描画方法という独特の技法を確立させます。 この他に無い新たな技術が高く評価をされた事で、ついに1986年4月に重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定される事となったのです。天才と呼ばれるその背景には、人には明かさない努力と研究が隠されています。藤本能道の作品は、現在でも価値が上がって行きます。注目すべき、作家の一人なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ