【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 藤田喬平
藤田喬平 美しいガラス工芸を次々と生み出した、日本を代表するガラス作家が藤田喬平です。数々のガラスで作られた芸術作品には現在でも多くの人々を魅了しつづけており、世界的にも有名となっている希有な人物のひとりです。現在では、藤田喬平ガラス美術館も建てられており、作品群は多くの人々の心を掴んでやまない美しい日々を送っています。 さて、そんな藤田喬平なのですが1921年に生まれました。 元々、美術に興味を抱いていた事から作家となる夢を持ちつづけて少年期を過ごして行きます。そして、東京美術学校に入学した時には、彫金を学んでおり岩田工芸硝子に就職をしていきます。岩田工芸硝子では、数々の仕事をしながらも、自分自身の作品を生み出したいと強い欲求に苛まれます。結果的に、岩田工芸硝子を退職した後には自らの世界観を表現すべく、ガラス工芸家に転身を遂げる事となります。 勿論、最初は平坦な道ではありませんでした。数々の苦悩や苦難を経験しつづけて行きますが、1973年に遂に美しい色ガラスに金箔をあしらうという、大胆な発想で作られた飾筥の代表作「菖蒲」を発表する事となります。この作品が、ガラス工芸界ならず、日本の工芸界に衝撃をもたらす事となり、一躍その名が広まる事となったのです。 1977年になると、ガラス工芸の本場でもあるイタリア・ヴェニスでの制作を始めることになります。日本とは違う、新たな世界で刺激を受けつづけ、恩賜賞を始め、日本芸術院賞受賞など数々の名誉ある賞を受賞しつづけて行きます。さらに、日本芸術界院会員として就任し、後進の育成にも尽力をそそでいて行くのです。 文化功労者顕彰 紺綬褒章も受賞しており、日本を代表する世界的な作家として名を馳せつづけて行ったのです。世界の藤田という異名を持ち合わせており、世界的にも知られます。また、2002年になると、ガラス工芸家として初である『文化勲章』を受賞。 藤田喬平の作品は骨董買取においても高く評価されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談