工芸品買取 野々村仁清

野々村仁清 野々村仁清は、日本が誇る陶工のひとりであり、江戸時代の前期に数々の名作をのこした伝説の人物として知られています。数多くの美しい瀬戸焼きなども有名であり、現在でも非常に高価な価格で取引されている事が知られています。さて、そんな野々村仁清なのですが、丹波国桑田郡野々村の生まれです。 丹波国桑田郡野々村は、京焼色絵陶器を完成させたという由緒正しき土地であり、その類い稀なるセンスなどはこういった場所で養われていたと言われています。粟田口や瀬戸で陶芸の修業などで鍛錬しています。中世以前の陶工いうのは、まだまだ日用品を作る職人として、これといって無名としての存在でもあったようです。 しかし、そういった中でも野々村仁清は革命を起こした事で知られています。その革命なのですが、何と自らの作品に野々村仁清の印を記す事で、一陶芸家というだけでなく、芸術家としての作品作りをする事に成功したのです。近代的な作家としては、まず野々村仁清が挙げられ、彼の行動のありなしでは、陶芸界は大きく変化していたとまで言われているのです。 さて、そんな野々村仁清なのですが技術としては、轆轤の技が非常に優れていた事も知られています。さらに、均一な薄さに挽きあげる轆轤技などは、現在の陶工でもなかなか真似する事ができない、高い技術で合ったという事が知られています。そして、野々村仁清の有名な作品としては、「色絵雉香炉」や「法螺貝形香炉」があります。 彼の思う造形美に優れた独特の表情で作られる「色絵雉香炉」や「法螺貝形香炉」は、世界的に有名であり、とても価格が付けられるものではありません。さて、さらには色絵で華麗な絵画的装飾などが華やかな色絵茶壷などが、MOA美術館が所蔵しており、日本のみならず、世界中の芸術ファンの方の目に触れているのです。世界を代表する陶芸家として活躍した野々村仁清。彼の存在こそ、素晴らしい存在でもあったのでしょう。 野々村仁清の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ