【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

工芸品買取 金城次郎
金城次郎 沖縄第一の民藝陶芸家と豪語され、壺屋焼伝統の職人と言われる陶芸家が金城次郎です。その独特な世界観と、沖縄らしい天真爛漫な遊び心を陶器に吹き込むユニークな作品は、日本はもとより、海外でも多くの人気を獲得しています。さて、そんな金城次郎なのですが自由奔放な性格がもたらす数々の技術は目を見張るものがあるといいます。 轆轤をまわす時に行う線彫であったり、刷毛目や指掻き、流し掛けなどの工程。こういった基礎の工程でさえも、独自の価値観を添えて全く新しい方法のように回していったと言われています。さらに、唐草模様、幾何模様などを器用に陶器に配する事で生まれる、独創的な世界観というのは、他の作家には真似のできない素晴らしいものであると高い評価を得ているのです。 国の重要無形文化財である「琉球陶器」保持者であり、何と沖縄県での陶芸家としては、初の人間国宝としても知られています。さて、そんな金城次郎なのですが、沖縄県の那覇市の出身です。最初の頃は、壺屋の名工新垣栄徳の製陶所に出入りしており、そこで陶器などを習っていたと言われています。 そして、その後1946年にはついに那覇市壷屋に窯場を開き、独立を果たします。その後の1956年には第30回国展にて新人賞を受賞することとなり、ここから新しい生活が始って行きます。さらに、1958年にはルーマニアにて「抱瓶」と「魚文大皿」2点が永久保存。こういった、経緯からも世界的に名前が知られる結果となっていた事が分かります。さらに、その功績が徐々に認められていき、結果的に1972年には、読谷村字座喜味に登窯を完成させることとなります。 さらに、素晴らしい事に同年に、沖縄県無形文化財に認定されるなど順風満帆な人生を送ります。その他にも、沖縄県功労章受賞や勲四等瑞宝章受賞など、数多くの賞を受賞していき、92歳でこの世を去ります。結果的に、沖縄に美しい陶器の芸術を持ち込んだ、素晴らしい陶芸家として、永遠に語り継がれていく事でしょう。 金城次郎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談