【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 三坂耿一郎
三坂耿一郎 三坂耿一郎は、日本を代表する彫刻家の一人として有名な人物です。数々の賞を受賞しており、その新たな視点から紡ぎ出される美し作品の数々は、現在でも多くの人々を魅了しつづけています。さて、そんな三坂耿一郎なのですが1908年に福島県郡山市に生まれています。 幼少の頃より、美術に高い関心を持ち合わせており自らの作品づくりも積極的に行っていた事でも知られています。そして、将来的に彫刻家として大成していくべく、上京を決意します。上京した後には、東京美術学校彫塑科に入学をしており基礎から彫刻の世界を学びます。研鑽を続ける日々を繰り返した三坂耿一郎は徐々に一流の実力を手に入れて行きます。 1937年には同校を卒業しており、その後には新文展に初入選を果たしています。研究科に在籍していた事もあり、学生という身でありながらもプロとしての作品づくりを積極的に続けて行ったのです。さて、1939年にその研究家を修了した後に、1947年に日展特選を獲得しています。 日展での活躍が目覚ましく、その後も数々の日展へと出品を続けて行く事となります。その功績が認められた事からも、1947年には日展特選となり、1961年には日展の審査員として推挙されます。自らの作品づくりもさることながら、彫刻界を裏で支えるという大きな任務をしたことで、広く評価されていました。 また、1970年には年日展桂花賞受賞を受賞し、現役の彫刻家としても抜かり無く活躍を広げて行っています。また、その後もまだまだ日展への尽力は終わりません。1971年には日展評議員、そして1972年日展文部大臣賞受賞と、名実共に大きな功績を上げることとなったのです。 こういった尽力を続けた事からも、これからの彫刻界に重要な人物として知られています。そして、1978年には日本芸術院賞受賞し、1983年に勲四等旭日小綬章受章。さらに、1986年日本芸術院会員となり、1987年に郡山市名誉市民。1992年勲三等瑞宝章受章と多くの賞を受賞したのです。 骨董買取においても三坂耿一郎の作品は注目されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談