彫刻品買取 中原悌二郎

彫刻品買取 中原悌二郎

中原悌二郎 北海道、釧路に生まれた日本を代表する彫刻家が中原悌二郎です。現在、旭川市には中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館が設置されており、数多くの彼の作品をこの目で見ることができます。さて、そんな中原悌二郎なのですが、17歳という若さで画家を目指す事となります。普通、そこで一般人であれば夢物語で終わってしまうところを、彼を突き動かす衝動は特別であり、上京をしてしまいます。そして、上京をして向かったのが白馬会研究所・太平洋画会研究所洋画部でした。 ここでは、洋画の基礎はもちろん、数々の芸術文化なども広く学び力をたくわえていきました。結果的に、中村彝とこの時に出会っており強い親交を結んでいる事も知られているのです。洋画家として生計を立てて行く事を心に誓っていたのですが、その後荻原碌山の出会いにより感化され、彫刻家を目指すキッカケとなったのです。次は、彫刻の基礎を学び直すためにも、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事をしています。馴れないジャンルでありながらも、立体的な美しさを持つこの世界観に心より感化されていき、結果的に素晴らしい作品を多く生み出す事へと繋がって行きます。 1910年には老人の首を第4回文展に出品。なんと、初入選という奇跡を導き出す事となったのです。さらには、1912年ロダンの実作に初めて触れて、深く啓発され、それ以降の作品も大きく変化。「行乞老人像」「若きカフカス人」「憩える女」など、現在でも多くの人々の心を感動させている大作を作る事へと繋がって行ったのです。 実写に基づきながら、堅牢な構築性がある作風はまさに中原悌二郎ならではの実力で合ったからでしょう。また、この若きカフカス人という作品を見た晩年の芥川がこの中原氏のブロンズの「若者」に惚れる者はないか。この若者はまだ生きているぞ。という言葉を残した事でも知られています。今後、永遠に語り継がれる、そんな人物が中原悌二郎でしょう。 そんな中原悌二郎の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ