【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 佐々木象堂
佐々木象堂 重要無形文化財保持者であり、格式の高い彫刻作品を数多く残した彫刻家が佐々木象堂です。画家を夢見て研鑽を続けながらも、彫刻への才能を開花させ、日本を代表する大芸術家となった、希有な人物の一人としても知られています。そんな佐々木象堂なのですが、佐渡旧佐和田町に生まれており、非常に貧しい生活を送っていたとして知られています。 そして、両親の薦めなどにより、11歳の頃に奉公をし高等学校を卒業している、という経歴を持ち合わせています。その厳しい環境の中でも、芸術に心を傾けていた事もあり、絵描きとしての人生を歩んで行く事を心に決めていました。しかし、家族や日々の生活が困窮を極めていた事もあり、結果的に絵画で生計を立てて行くという、そういった夢を絶つ事となってしまったのです。 さらに、近視で合った事も影響し、結果的に佐渡へ帰郷するしかない状況に陥ってしまったのです。そういった辛い過去がありながらも、20歳の夏、初代鋳金家の宮田藍堂の門に入る事を決意します。新たな領域でありながらも、後が無いという事もあり、必至でその活動を続けて行った事が知られています。 そして、徐々に研鑽を続けて行くうちに、自らの作品なども出来上がってきて、名を『象堂』と名乗って鋳金家への道をより精進する事となっていきます。そして、日々真剣な訓練を積む事によって、力を身に着けて行った佐々木象堂は、6年間の修行の末に師から独立を認められることとなります。 その後、佐々木象堂は他には無い独自の世界観を作品の中に詰め込み、新たな彫刻の世界を築き上げていきました。その評価を受けるのも、早い段階だったと言われており、なんと「鋳銀孔雀香炉」「金銅鳳凰置物」を帝展へ出品すると、特選となったという事で名を知らしめることとなります。 戦後には、日本伝統工芸展に出品を続け、その功績などから重要無形文化財保持者、人間国宝に認定をされたのです。佐々木象堂の作品は彫刻買取では常に人気なので、これからも注目され続けることでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談