【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 内藤伸
内藤伸 日本を代表する彫刻家であり、大芸術家といえば内藤伸でしょう。その類い稀なる技術と才能は、他の彫刻家を凌駕する様々な大作を生み出しす原動力となっていました。さて、そんな内藤伸なのですが、1882年に島根県吉田村に生まれています。幼少の頃より芸術分野に興味を持ちつづけており、どこかで芸術家として成功を収めたいと夢を思い描いていました。そして、その夢に本格的に挑戦していくべく、上京を決意します。そして、上京を果たしてからは高村光雲に師事を、彫刻の基礎などを学んで行きます。 さらに、より本格的な彫刻の世界を研究、実戦していくために東京美術学校選科へと入学します。求めていた芸術の世界に飛び込んだことで、毎日が製作の厳しい日々でしたが、その苦しさに耐えついに卒業を1904年にする事となりました。その後、自らの作品づくりへと没頭するようになっていき、徐々に周囲の評価も上がりつづけて行く事となっていきます。その時には文展などに出品をしていた事がしられています。 結果的に、そういった功績がひとつづつ認められて行き、結果的に1914年には日本美術院の同人へと推挙される事となります。そして、翌年からは再興院展に出品しつづけて行きます。しかし、ここは4年後に脱退。帝展の審査員として迎え入れられ、さらに大きい舞台へと活躍の場を変化させていきました。そして、自らの世界観をより確固たるものにしていくために、日本木彫会を設立。 そして、主宰をして日本における彫刻の技術力の発展に尽力をし始めて行きます。そして、戦後になると次には日展へと出品を重ね日本芸術院の会員となります。また、日本木彫会再興に、日展顧問と組織を支える役員としても活躍を続けていきます。結果、その功績が広く認められる事となり、勲三等瑞宝章受章、贈従四位と名誉ある証を受賞する事い至りました。これからも、内藤伸の活躍は伝えられていく事でしょう。内藤伸は彫刻品買取でも注目の作家となります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談