【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 加納夏雄
加納夏雄 明治期の有名な彫金家として知られているのが、加納夏雄。彫金の世界では知らぬもののいない、最高峰の彫金家としても有名であり、世界的にもその作品は評価が高いと言われています。さて、そんな加納夏雄なのですが、京都柳馬場御池通りで生まれています。米穀商伏見屋治助が父でもあり、幼少の頃から賑やかな家で育ったとされています。 そして、7歳のときに刀剣商加納治助の養子となり、そこで刀などを彫金工芸を始めて目の当たりにします。幼少でありながらも、非常に大きな衝撃を受けており、奥村庄八に彫金技術を学び彫刻家としての新たな人生を歩み出す事となっていきます。そして、大月派の金工師池田孝寿門下となり寿朗と改名し、新たに彫金家としての人生を歩む事となっていきます。 幼少の頃よりの鍛錬の成果があった事からも、19歳という若さでありながら、すでに独立をしている事に驚きます。自らの芸術の幅を広げて行くためにも、絵を円山派の中島来章に,漢学を谷森種松に学んでおり、数々の作品に影響を与える結果となります。27歳の頃には、江戸に移り住み、結果的に明治の初めまで刀装具の制作を行うこととなります。 また、その高い技術力などが買われており、宮内省より明治天皇の御刀金具の彫刻を命ぜられます。そして、4年の新政府の新貨条例に伴って、あたらな貨幣を作る事となり、結果的に10年まで大阪造幣寮に出資されます。新貨幣の原盤制作にも尽力しています。廃刀令などのお達しがあったことから、刀の制作は中断せざるえなくなったので、それ以降は花瓶,置物,煙草盆などの生活用具などを制作しつづけていったという事で知られいます。 彫刻感としても非常に高い名声を持っていたのですが、何といっても下絵の素晴らしさは、本物の絵画師以上でした。内国勧業博覧会で妙技1等賞を受賞したり、芸術家としても非常に優れた才能を持つ人物だったのです。勿論、加納夏雄は彫刻品買取でも高く評価されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談