【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 北原千鹿
北原千鹿 伝統的な部分を守りながらも、常に時代を見据えた斬新で新しい発想を止める事がなかった著名な作家と言えば、北原千鹿でしょう。その作品の多くは、金工の歴史を塗り替えるものばかりであり、国内だけでなく海外でも高く評価されている事でも知られています。 北原千鹿と言えば、とにかくモダンでアールヌーボーなどを思わせる曲線的な美しさの装飾。近代金工と呼ばれるジャンルを、ひとりで切り開くという斬新な歩み方は、現在でも彫刻家の間では伝説的存在として成り立っています。さて、そんな北原千鹿なのですが、1887年に香川県に生まれています。 青年期の頃から、彫刻の世界に惹かれ始めていた事もあり、美術家としての人生を歩もうと努力を続けていました。さらに、そういった生活を見ていた親も、息子の人生にかけてみようとなり、上京を許す事となります。 結果的に、北原千鹿は東京美術学校に入学する事となり、そこで彫刻などを熱心に勉強していったのです。そして、卒業した後には、新工芸研究会「无型」に参加しています。従来の金工には無い、新しく、そして斬新な作品作りに心を傾けていく事により、まさしく新しい世界を生み出しつづけました。 さて、そんな中に昭和2年の事なのですが、「置物」(花の折枝)が帝展特選となります。この特選をきっかけに、北原千鹿の名は日本中に知れ渡る事となります。初めは、伝統的な金工作品ではないがために、批判にさらされることもあったのですが、その高い実力が認められるたことで、周囲を取り巻く環境もすこしづつ変化していったのです。 特選を受賞した翌年にも、なんと特選を獲得しています。その後も、数々の作品を生み出し、数々の賞を受賞しつづけるのです。活動としては、鴨政雄ら同志12名により工人社を結成しており、中心的な存在として活躍を続けていった事でも知られています。彫刻品買取に関しても、北原千鹿は高い評価を持っている人物ですので、是非注目してください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談