【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 北村西望
北村西望 平和を常に信じ、社会的に貢献を続けていた彫刻家が北村西望です。その心に訴えかけるような、作品の数々は常に高い評価を獲得しつづけており、各所で名誉市民としても崇められている事が特徴でしょう。 また、この北村西望なのですが、大作「長崎平和祈念像」は日本を代表する彫刻作品のひとつでもあり、世界的にもとても高い価値がある素晴らしい作品であると言われています。文化勲章でだけでなく、文化功労賞なども獲得しており、彼無しでは日本の彫刻界はとても寂しいものに鳴ったに違いありません。 さて、そんな北村西望なのですが、長崎県南高来郡南有馬村に生まれています。工芸に興味を持っていた事もあり、京都市立美術工芸学校に入学をしています。そして、親友、同士として共に生きて行く事となる、彫刻家の建畠大夢らと出会う事になります。そういった出会いを経て、京都市立美術工芸学校卒業。その後は、より研鑽を積むためにも東京美術学校に入学をしていきます。 しかし、その後には兵役となり一旦は美術活動を中止せざる得ない状況となります。しかし、兵役が終了した後には本格的に美術へ取組む事となります。初期の代表作「怒涛」制作します。この作品は、文展でなんと二等賞となる快挙となり、一躍その名前を美術界に広めて行く事となります。 その後には、建畠大夢らと美術研究サークル「八手会」を結成しており、さらに新たな美術様式の研究を極めて行きます。そして、その功績などが認められた事により、東京美術学校塑造部教授、京都市立美術工芸学校教諭などを歴任していきます。そして、1955年についに5年がかりで制作をした長崎平和祈念像完成します。 長崎市に寄付をしており、その3年後に文化勲章受章、文化功労者顕彰として名誉ある事となります。 生地の南有馬町の名誉町民となり、町内に西望公園が設置されるなど地元にも貢献。数々の文化的な作品を生み出しつづけた、北村西望。骨董買取においても非常に、その作品には価値が高くつきます。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談