彫刻品買取 古賀忠雄

彫刻品買取 古賀忠雄

古賀忠雄 西郷隆盛像などを制作し、地元にも非常に貢献した日本を代表する彫刻家のひとりが古賀忠雄です。彼の作品は、数々の場所で見受けられる事となり、現在では古賀忠雄彫刻の森があるなど、その功績をこの目で見る事ができます。さて、そんな古賀忠雄ですが、1903年に佐賀市に生まれています。 佐賀県師範学校附属小学校高等科などを経て、彫刻への意識が高まって行きます。幼少の頃より、数々の作品などを生み出したいと思っていた事もある事から、その卒業後にはなんと県立有田工業学校に入学します。最初は、絵画科へ進んでおり、日本画を懸命に学んでいたと言われています。 そして、その同校在学中ですが日本画家・腹巻丹丘に認められることとなります。元々、腕が良かったという事もあり、手腕を見初められ東京美術学校に入学をしています。その入学を決めた学科が、彫刻科塑像部本科でした。彫刻の基礎を学んでいった事で実力を上げていましたが、なにより日本画から始めていた事もあり、実力は同校でも1,2を争うような、そんな評価でもありました。 そして、その卒業後に作製している「仏心」で第10回帝展入選を果たし、一躍その名を彫刻界に轟かす事となります。入賞をきっかけに、その後の各賞で様々な受賞歴を誇るようになります。1939年に「岬の男」で第3回文展での特選となり、功績が認められた1945年には日展委員として彫刻界の新しい才能の発掘にも尽力していきます。 アトリエ自体は、東京都の練馬区に構えており、彫刻を中心に陶器・絵画など様々な分野を生み出しつづけていきました。人望が強かった事もあることから、1967年に日本芸術院会員となって以降は、日本彫刻会理事長などの責のある地位をこなします。 生涯で数多くの作品を残した事もあり、郷里の佐賀県立美術館に隣接する佐賀城公園に「古賀忠雄 彫刻の森」には、彼の作品が数多くあります。古賀忠雄の作品は、骨董買取において評価も高く高価買取となりますので、是非確認してみてください。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ