彫刻品買取 可西泰三

可西泰三は国内だけでなく、世界でも評価の高い作家として知られています。日展を中心に活躍をしており、外国では西ドイツ金属造詣店へ招待出品などもしており、その名は世界的に知られています。現代工芸美術家協会理事としても活躍をしており、その独創性の高い作品の数々は、陶芸の域を超えた芸術品として評価されているのです。

美しく造形力に溢れているのが特徴

さて、そんな可西泰三の生み出しているジャンルは、高岡鉄器と言われているものです。伝統的なアプローチで作られるのですが、その作品の美しさはとにかく他の陶芸品などと比べ、美しく造形力に溢れているのが特徴となります。金属から鉄、銅など、技術の発展とともにその素材なども変化を遂げて行き、多くの人々を感動させる、美しく現代的な作品となったのです。 そういった事からも、その作品の価値は陶芸好きという人だけでなく、多くの彫刻ファンなどにも注目されています。和風花器は、不規則に凹凸をつけながらも、どこか規律正しく、強さすら感じさせる艶やかさに溢れています。直線的でモダンな造形なのですが、緩やかにカーブを作る優しい部分なども加え、他には無い独創的な世界観を作りあげているのです。

飾られる花々の美しさをより引き立てる独創性

さらに、素材は銅という事でその質感も独特です。一輪生象嵌は、一輪差しという存在でありがらも、まるでオブジェのような出で立ちです。同様に直線的な造形的なフォルムは、敢えて強調させる事により、陰影のある立体感のある独創的な存在感を放ちます。完全にスクエアとなったそのカッティングが、飾られる花々の美しさをより引き立てる独創性が溢れているのです。 また、ユニークな事に花を生ける事ができるポケット部分を複数作っており、段差のついた他には無い、そんな魅せ方も可能となっているのです。日展で、特選ならびに北斗賞受賞など数々の賞を獲得している、彫刻品買取・可西泰三。存在自体が、奇跡でもあり、そして魅惑的な作品を作り続けた、陶芸界きっての天才でもあったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ