【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 富永直樹
富永直樹 長崎県生まれであり、日本を代表する彫刻家として名高いのが富永直樹ではないでしょうか。数々のプロダクトデザインを施し、その全てが現在でも国内における大きな発展へと貢献してきた、希代の作家の一人と言われています。さて、そんな富永直樹なのですが、長崎県の長崎市に生まれています。 幼少のころより彫刻に深い興味を抱いており、彫刻家としての未来を夢みていた事で知られています。さて、そんな富永直樹なのですが、高等学校を卒業した後には、彫刻の世界を本気で目指すためにも、東京美術学校へと進学しています。元々、才能があった事でも知られている富永直樹だけに、なんと彫刻科塑像部を首席卒業するという快挙を成し遂げる事となったのです。 また、その先の研究所も卒業しており同校においても非常に重要な人物として生きて行ったのです。さて、そんな東京美術学校を卒業した後には、自らの作品づくりへと没頭していきます。その造形的でありながらも、新しい才能から導き出される造形美は、数多くの人々の心を突き動かしていく事となります。その功績が認められた事で、197年には日本芸術院へと任命されます。 会員をしながら、その先の成功を目指し日々努力をしていきます。文化功労功労者にも選定されており、広く知られる事となります。勲三等瑞宝章も受章しており、その高い貢献度は非常に国内でも有名となりました。 また、その事から生まれもとでもある長崎では、長崎名誉県民顕彰となります。日展では理事となり、理事長も歴任する事となります。そして、最終的には日展顧問となり、国内の彫刻界を引率している事に日々尽力していったのです。この富永直樹の代表作品といえば、平和の叫びと言われています。「トーマス・ブレーク・グラバー之像」に、黒電話4号機の意匠を手がけるだけでなく、日本初のカラー電話、家具調テレビなど多くのヒット商品にも関わっていた事で知られているのです。 このように注目されている富永直樹の作品をお持ちの方は一度彫刻品買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談