【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 小森邦夫
小森邦夫 国内における、様々な彫刻分野で大きな功績を残した人物が、小森邦夫です。この小森邦夫なのですが、日本芸術院会員や社団法人日展事務局長なども歴任しており、自らの制作活動だけでなく、彫刻界の発展のためにも生涯尽力をした人物として知られています。1917年に東京都台東区の浅草に生まれた、生粋の江戸っ子でもある小森邦夫。 幼少の頃より周囲の様々な環境に影響をされ、ものづくりの魅力に気づき始めます。そして、そんな日々を過ごしてきた矢先、自らの道は彫刻家という方向にあるという事に気がつきます。そういった考えとなった矢先に、1935年に、構造社彫塑研究所に入所を果たす事となりました。 そこでは、数々の基礎などを研究しながらも、新たな自らの彫刻芸術を制作しつづけていきました。さらに、斎藤素巌に師事をしており、女性像などを学んでいました。そして、自らの作品なども端麗な女性像を中心とした制作をしており、類い稀なる造形美を生み出しながら生き抜いてきまたした。 さて、そんな小森邦夫なのですが、数々の賞を受賞しながらも、まだ名声を大きく揺るがすような出来事というものはありませんでした。しかし、1985年に制作をした「青春譜」で 日本芸術院賞受賞をついに受賞する事となったのです。 この受賞により、小森邦夫の名は彫刻界に知れ渡り、大家としての地位を築くこととなっていったのです。さらに、その2年後には勲四等旭日小綬章受章するなど、大きな功績をまたも残す事となります。こういった功績が周囲に認められていった中、日本芸術院会員や社団法人日展事務局長、社団法人日本彫刻会委員長など名誉ある地位につき、後進を指導していきます。 指導者としての才能の持ち合わせた事も有名であり、あの日本芸術院賞受賞者の蛭田二郎や能島征二等を育てた事でも知られています。茨城県水戸市の公園に、小森の作成した徳川光圀像などがあり、現在でも数多くの人々に親しまれているのです。 小森邦夫の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談